カレンダー(月別)

01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

IT会計士テラサカblog
公認会計士・ITコーディネータでERP導入コンサルティングを手がける「IT会計士テラサカ」によるブログ。 日常の仕事やプライベートのことなどを執筆中。 より硬派な話題は、メルマガにてご提供しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計の基礎理論と情報構造から見たSAP ERPとOracle EBS (とJDE)
IT Leaders」というサイトで興味深い記事を2つ見つけました。

総額42億円、SAP ERPで基幹系刷新 独SAPを巻き込み難局を乗り切る【アスクル】

SAPジャパンが導入した案件で、アスクルのIT担当の執行役員の方が
プロジェクトの裏話を生々しく語っています。

SAPジャパンがプライム(元請)で、売上規模2000億円の企業にSAP ERPを入れたら
42億円かかって、それでも安い、という感覚なのですね。
中堅企業のプロジェクトが中心の私にとっては理解しがたい感覚です・・・。

もう1つの記事は、

会計の基礎理論と情報構造から見たSAP ERPとOracle EBS

です。これは両方のERPをよく知ってる人でないと書けない内容なので
かなり勉強になりました。

印象に残ったのは、

EBSは帳簿会計、SAPは伝票会計

という説明です。

文面だけでは、ちょっと分かりづらいところもありますが、
両者の構造が図で示されているので、対比がしやすいです。

監査をやっている時にも、仕訳帳、総勘定元帳が整備されている会社は
仕訳が確認しやすかったのですが、伝票会計の会社は、目的の仕訳に
たどり着くまで、時間がかかった経験があります。

ただそれは、私が慣れていなかっただけで、どちらが優れているとは
一概には決めつけられないものだと思います。

ちなみに私の得意とするJDEは、どちらかというとEBSに近い帳簿会計です。
仕訳については一部がリアル、一部がバッチでの連携になっていて
残高の更新はバッチ処理が前提です。

SAP ERPは、各伝票が総勘定元帳、補助簿、残高にリアルで連携される
ということなので、整合性の保証など、システム的に難易度が高いのではないか
と思います。

管理会計の機能についても興味深い記述がありました。
SAP ERPのほうが管理会計のモジュールが整備されていて
いわゆる「ベストプラクティス」的な分析の仕組みが豊富に用意されているとのことです。

一方、Oracle EBSは、仕訳の「会計フレックスフィールド」に
自社が分析したい切り口を定義し、情報を蓄積させていくことで
あとはユーザー側で煮るなり焼くなり、好きに情報を分析できる、という仕組みです。

ちなみに、JDEもEBSに近いです。
「コストオブジェクト」などのフィールドに分析用のキー情報をセットしておくことで
自由に集計、配賦、分析が行えます。
「コストオブジェクト」の数に制限があるのが若干の難点ではありますが・・・。

これらERPパッケージの構造の相違は、端的には

ドイツの製品(SAP)か、アメリカの製品(EBS,JDE)か、

という点が大きく影響しているのではないでしょうか。


おっと、あまりに興味深い記事だったので、久しぶりに長文を書いてしまいました。
続きはまたいずれ。








スポンサーサイト
年度末のシステム移行
年度末が迫ってきていますが、
それに合わせて、現在ある会社の中国現地法人のシステム変更作業を行っています。

テストにエンドユーザーを巻き込めていなかった

という反省点も感じますが、出たとこ勝負の勢いで
なんとか頑張っております。

明日は平穏な一日になりますように・・・



ついにJDEもクラウドに! 「JD Edwards On Demand」発表!
Oracle社が、「JD Edwards EnterpriseOne」をクラウド化して提供するそうです。

詳細はこちら→ JD Edwards On Demand@Oracle

クラウド・コンピューティングとは、最近のIT業界のハヤリ言葉でありますが、
従来のASPとどうちがうのか、正直よく分からないところではあります。

米国テキサス州にあるというデータセンターとの通信速度はどれくらいなのか?
パッチ(ESU)適用やバージョンアップはどうなるのか?
アドオンプログラムの扱いはどうなるのか?
社内の他システムとの連携は可能か?

など、興味深い部分もありますが、フロント系ではなく
基幹系システムをクラウドで利用したい、というニーズがそもそも
どれくらいあるのか、という点が最も疑問です。

IT業界にありがちな、張子の虎戦略の匂いがプンプンします・・・。



新ERP導入プロジェクト始動!
先週からいよいよ新しいプロジェクトが本格的に始まりました。

去年(2009)は、製造業のベトナム現地法人向けERP導入で
今年(2010)は、外資系IT企業の販売・会計システムです。
導入するパッケージはいつものアレ(JDE)なんですけどね・・・。

プロジェクトの詳細は書ける範囲でおいおい書いていきます。

新たな出会いや挑戦に胸ワクワクです。


も、もちろん、既存のお客さまも大事ですよ!!



マガジン登録・解除
規約に同意して登録
解除
melma! 利用規約
melma! メルマ
カテゴリー

全記事一覧
JDE 9
IT会計士 126
公認会計士・監査 44
会計実務 9
ITコーディネータ 4
ERP 46
JSOX 18
メルマガ 38
出張 30
プライベート 40
その他 19
未分類 27

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。